2019年秋冬、アーユルヴェーダ体質別調理法を学ぶ5日間コースABNC(ベーシック&アドバンス)の開催日決定!
TOP | KERALA

KERALA AYURVEDA
PANCHAKARMA RETREAT

南インド・ケララでアーユルヴェーダパンチャカルマ

インド伝統医療アーユルヴェーダの
究極デトックス法・パンチャカルマ

Ayurveda Panchakarma Treatment in Kerala


アーユルヴェーダの伝統が色濃く残る南インド・ケララで贅沢な時を過ごしませんか?南インドで最初に設立されたアーユルヴェーダリゾートSomatheeramは、インドが初めての人でも快適に過ごせる優良施設です。ドクターの診断からはじまり、あなたの体質に合わせた様々なトリートメントが設計されます。伝統的なマッサージオイルやハーブを使い、2人のセラピストによる毎日2時間の施術で心と体の両方が内側と外側からデトックスされていきます。食事はすべてベジタリアンアーユルヴェーダ。効果をしっかり感じたい方は2週間、リフレッシュしたい方は1週間の滞在をおすすめしています。ケララでは、パンチャカルマを受けるのは8月の雨季がベストだと言われています。日本の蒸し暑さを逃れて、自分だけのゆっくりとした時間を過ごしましょう。現地ではアユルダ主宰・水野香織がみなさまの滞在をサポートさせていただきます。

このリトリートの趣旨

みなさまの「デトックス」が安全にかつスムーズに進行するようサポートさせていただきます。通訳はもちろんですが、インド人とのドクターとの進め方、セラピストとの付き合い方、日々変わる症状のケアとドクターとの連携、お食事のアドバイス、施術内容の理解、街へのガイドなど。リゾートとはいえ、インドという異文化の地、うまく伝わらないことや予期せぬ展開も起こります。それもまた旅行の醍醐味ですが、皆様の貴重な時間の中で最高のデトックスが行われるよう配慮しサポートさせていただきます。



パンチャカルマは身体、心、魂を整える究極のデトックス法


疲れやすすい、感情が乱れやすい、やる気が起こらない、お腹が空かない、集中できない・・・そんな時はパンチャカルマを必要としている時かもしれません。パンチャカルマとはインドで古代から受け継がれている伝統医療アーユルヴェーダの本格的なデトックス法で、パンチャは「5」、カルマは「浄化」を意味し5つの浄化法を主としています。

年に一度のメンテナンスとして継続して受けることで不調が根こそぎ浄化され、年々「本当の健康」を感じることができるでしょう。病気の大変さは病気にならないとわからないものですが、健康の本当の素晴らしさもまた本当に健康になってみないとわからないものです。アーユルヴェーダでは、私たちの本来の姿は「スワスタ(調和がとれた状態、健康な状態)」だと言っています。不調が少しでもある時、それは本当の自分から離れている時です。パンチャカルマで「本当の健康」を少しでも取り戻すことができるに違いありません。

ドーシャが乱れるとまず消化力(アグニ)が乱れます。未消化物による毒素が血流に流れ込み、血管、関節、筋肉、脂肪、内臓、生殖器などに蓄積してしまいます。未病の症状として初めは現れ、生命力、代謝力、免疫力に徐々に影響を及ぼしてしまいます。

アーユルヴェーダは、マインドのストレスが胃腸不全や炎症を引き起こすと言っています。そうすると心にも毒素がたまり、やりたいことや人生の目的を達成しづらくなってしいます。パンチャカルマによるデトックスは、こうした乱れを根こそぎ取り除くことを目的としています。症状に合わせたマッサージやオイル、薬はもちろん、食事も大きな治療法となります。ドーシャを乱し、未病などの症状を含む病気を引き起こす元となっている体内老廃物や毒素を取り除きます。また予防治療としても素晴らしい効果があり、病気しにくい、疲れにく心と体を作ります。

本来は3週間かけて行われるのが理想的です。初めの一週間は全身オイルマッサージやスチーム療法を中心に進められ、徐々に体を緩めていきます。そうすると消化器官やリンパなどに溜まった毒素が動き、代謝が進んできます。症状により、シロダーラやハーブボールなども行われます。そして本格的な治療が始まります。伝統的にはバスティ(浣腸)、ヴィレチャナ(下剤)、ナシヤ(点鼻)、ヴァマナ(催吐)、ラクタモクシャ(採血)を行なっていきます。日々変わる患者の状態や症状を見極め治療を進めていくのにはドクターの豊かな経験と先見が必須となります。

治療後はさらに2~3週間はサトヴィックな生活を維持するとその効果が長続きすると言われています。その頃にはメンタルにも効果が現れ、あたかも「心の毒」が浄化されたように感じます。人生に対して楽観的になり、やる気と前向きな気持ちが湧いて、周りの人々にも優しくなっている自分を発見するでしょう。

3週間の本来のコースが理想であるのはもちろんですが、インドでも理想の形で受けられるところは非常に少なくなってきています。ここでは1週間もしくは2週間コースを基本としてご案内しています。リゾートという優雅な空間だけでも日頃のストレスはどこかへ消えてしまいますが、さらに伝統的な処方と経験豊かなドクターたちに見守られた滞在はかけがえのない時間となるに違いありません。

滞在施設Somatheeramは数多く受賞している優良施設

常駐ドクター10人、セラピスト50人。


ソーマティーラムは南インドで初めてできたアーユルヴェーダリゾートとして知られています。伝統的な手法、オイル、薬を採用し、長年の経験を持ったドクター達が日々訪れる人々を見守ってくれています。繁忙期には100以上ある客室が満室になる程ですが、マッサージルームは30部屋以上用意されており、セラピスト達も笑顔を絶やさず朝から晩まで献身的に働いています。

インドには数多くアーユルヴェーダの施設がありますが、ソーマティーラムの一番の特徴はセラピストの訓練が非常に行き届いているところでしょう。アーユルヴェーダは2人二組になり、左右同時にマッサージをするダブルアビヤンガが主流ですが、日本では高額になりほぼ受けることができないこの贅沢なマッサージ法を安心して受けることができます。くったくのない彼女たちの笑顔に心から癒され、心に花を添えてくれるようなそんな自然な愛情が手から伝わってきます。

お部屋はバンガロー式になっていて、ベッドは素敵な蚊帳がついています。各部屋にハンモックも用意されています。チャイもルームサービスで届けてくれるので、海の音や温かい風の音を聞きながらのんびり過ごしながら過ごしてください。施設内には、マッサージエリアの他には、プール(パンチャカルマ中は水泳は禁止です)、ダイニングルーム、ヨガホール、安全にショッピングができるお土産やさんや、帰国後のために買い揃えることができる薬局もあります。

ソーマティーラムからは何百キロに渡る海岸線が見渡せ、10分ほど歩くとビーチにいくことができます。朝の漁や夕方の散歩などは心もリフレッシュしてくれるでしょう。また施設を出てすぐに小さなショッピングストリートがあり、滞在者が安心してお買い物ができるようになっています。

wi-fiも設置されていますが、慌ただしい日本を離れてのせっかくの滞在ですので、治療の効果が大きくなりますので、できるだけモニターから離れてご自身の時間を過ごされることをお勧めいたします。余暇にはFacebookから離れ、読みたかったけど時間の取れなかった本を読んだり、日記や絵などを書いて過ごしたり、海の音を聞いて過ごすしたり、日本ではできなかった時間も味わってください。



RETREAT OUTLINE

本リトリート概要
チェックイン

8月9日(前後する方はご相談ください。)

コース

1週間コースもしくは2週間コースをお選びください。もしくは滞在したい日数をおしらせください。

・1週間コースは様々なマッサージとパックでリフレッシュできるRejuvinationコース。
・2週間コースは本格的なデトックス法を取り入れるPanchakarmaコースです。

お部屋タイプ

ダブルが基本となりますが、シングルをご希望の方は別途料金にてアレンジが可能ですのでご相談ください。

お部屋数

2019年2月時点で6部屋のお部屋を押さえています。

参加費

・1週間コース(7泊8日)通常180,000円 *5/31まで早割適用!145,000円
・2週間コース(14泊15日)通常300,000円 *5/31まで早割適用!260,000円

・上記は目安となります。10日滞在なども可能ですので、日数を変更されたい場合は別途ご相談ください。
・シングルをご希望の方はご相談ください。追加料金にてアレンジ可能です。部屋数が限られているのでお早めにご相談ください。

料金に含まれるもの

・トリヴァンドラム空港から/までの送迎、ドクターによるカウンセリング、食事、宿泊、1日2時間の施術、滞在期間中に処方されるアーユルヴェーダ薬、ヨガクラス、施設開催によるアーユルヴェーダ講座、
・水野香織によるアーユルヴェーダ基礎講座、体質にあったお食事のアドバイス、帰国後のアドバイス、毎日の健康チェックとサポート、通訳、Fabindiaや地元マーケットへのショッピング、テンプル案内

料金に含まれていないもの

ツアーではございませんので、現地までの航空チケット、海外保険、インド渡航ビザ代金は含まれていません。各自ご用意ください。

最寄りの空港

トリヴァンドラム空港(TVR)

トリヴァンドラム国際空港と国内空港が少し離れて存在します。インド国内線の場合は国内空港に到着する場合もありますが、いずれの場合も送迎がお迎えに参ります。

トリヴァンドラム空港までの行き方

日本からの直通便はありません。インド国内(デリー、ムンバイ、チェンナイなど)から国内線に乗り換えが必要になります。その他、アジア各国(シンガポール、マレーシア、スリランカ)を経由した国際便があります。

乗り換えなどを入れると最短19時間以上はかかります。前日から体調管理などを整えてご出発に臨んでください。

送迎について

トリヴァンドラム空港までお迎えに参りますので、インドが初めての方でも安心していらしてください。送迎ドライバーとともにお迎えにあがります。

インド渡航ビザとパスポート期限

日本パスポートの場合、インドへの入国はビザが必要になります。インド政府運営のホームページ(英語)からe-Visaを申請(2日で取得可能、フィッシングサイトにご注意)、またはインド大使館に申請、またはデリーもしくはムンバイ空港で直接「Arrival Visa」を申請することができます。ホームページからの申請のサポートもさせていただきます。ビザ申請時でパスポートが6ヶ月以上あることが必要ですので、ご確認をお願いいたします。

お申し込みから出発までの流れ

1. サイトからのお申し込み後、正式なお申込み用紙、参加費とお振込口座のご連絡をさせていただきます。お申し込み後から10日以内を目処にお振込をお願いいたします。
2. 滞在期間をスムーズに過ごすために、また皆様のことをよく知ってサポートに生かすために、初対面の方は、都内にてあらかじめお打ち合わせのお時間をいただいています。遠方の方はスカイプなどでお話しさせていただきます。
3. パスポートの有効期限をご確認いただき、各自インドビザを申請していただきます。
4. 各自航空チケット、必要であれば海外保険を手配の上、到着予定日時をおしらせください。
5. トリヴァンドラム空港にてお迎えにあがります。

キャンセルポリシー

施設規定により、1ヶ月前は全額100%のキャンセル料がかかります。それ以前は2週間前50%、1ヶ月前30%となりますので何卒ご了承のほどお願いいたします。

お申し込み方法

メニューの「CONTACT」から
もしくは info(アットマークを入れてください)ayurda-ayurveda.comまで直接ご連絡ください。

ソーマティーラムには様々なコースがあります。

ソーマティーラムには様々なプログラムが用意されています。1週間のRejuvination Therapy(若返りセラピー)、2週間のショートパンチャカルマ、3週間の本格パンチャカルマなどです。またスリミングコースなど減量を目的としたコースやビューティーコース、様々な疾患に合わせた専門の施術も受けられます。
 

到着後、滞在の流れ

到着後初日にまずドクターによる初診が行われます。数ページにわたる問診票に答え、かつドクターからの詳細な質疑があり、症状を見極めた上で滞在中のコースが設計されます。毎朝必ずドクターのカウンセリングが行われるので、途中体調が変わったり、施術の進み具合によってプログラムも変更されていきます。
 
滞在中は、症状に合わせたアーユルヴェーダ薬を処方してもらうので治療を早く進めることができます。(常用しているお薬との併用も可能です。)滞在中の食事のアドバイスに従い、ご自身でビュッフェから選んでお食事をします。プログラム終了2日前には最終カウンセリングが行われ、帰国後に継続したい薬の処方、帰国後の食事やライフスタイルなどのアドバイスが受け取れます。
 
担当のセラピストが2人つき、毎日2時間、心のこもったトリートメントを受けることができます。全身オイルマッサージはもちろん、ハーブを使ったフェイスパック、スチーム、ハーブボール、指圧、足によるマッサージなど様々な施術が施されます。滞在が終わる頃には別れがたい、そんな親近感も生まれてきます。一度滞在した人の記録は丁寧に保存さているのもリピーターが多い理由の一つでしょう。施術後は、専用のガウンを着たまま1時間過ごし、オイルが浸透してデトックスを促すのをのんびりと待ちます。何もしない時間もまた贅沢な時間でしょう。
 

一日の流れ

施術の時間帯は早朝~夜までの間で、毎日決まった時間に行われます。施設ではヨガクラス(無料)が一日3回行われおり、どこかのクラスは受けられるようになっています。
 
食事は1日3回ビュッフェスタイルで用意されています。ガウンを着たままレストランへ向かうこともできます。ヨーロッパからの旅行者が多く滞在しているからか、施設内は自由で優雅なのんびりとした時間が漂っています。バケーション気分もしっかり味わうことができるでしょう。食事はほぼベジタリアンアーユルヴェーダ料理となっています。料理ごとに、どのドーシャに向いているかのサインが用意され、安心して選ぶことができます。
 
空いた時間では、施設のすぐ外にある通りでショッピングを楽しんだり、少し遠出をして、近くの地元マーケットやテンプルへいくこともできます。通常、病院で行われる本格的なアーユルヴェーダの治療では穏やかに過ごすことが必要条件となるので外出は禁止されていますが、ソーマティーラムの場合は「リゾート」として自由で優雅な時間を楽しむこともできます。アーユルヴェーダを体験しながら優雅な時間も味わいたい方にオススメです。
 

衛生面に関して

ソーマティーラムは、インド政府より有料観光施設としてなんども受賞を受けています。ヨーロッパからの富裕層の方も何年にもわたって毎年常連として訪れるほどサービスはインド国内でもしっかりしています。部屋は毎日清掃が入り、ベッドメイキングも行われます。レストランは衛生管理が行き届いており、清潔な調理空間です。
 
インドは近年飲料水の浄水が進んでおり、かつソーマティーラムでは一度煮沸をさせた飲み水が出されています。インドに行くにあたって食あたりなどを心配される方がいらっしゃいますが、ソーマティーラムにおいてはまったく心配ありません。判断は各自にお任せいたしますが、短期滞在で守られた環境でしたら予防接種も必要性が低いと言えます。万が一、突然の疾患や体調不良に襲われた場合は、近隣の病院で受診することが可能です。
 

ケララの8月の気候と服装

赤道に近いケララは夏は暑いと思われがちですが、実は雨季の季節であるために日本よりも涼しく感じます。ケララではパンチャカルマを受けるのは、涼しくなる7〜8月がベストだと言われています。一日の半分はスコールのような雨が降ったりしますが、晴れ間が見える時もあります。傘は施設に用意してありますが、数が限られているようですので雨が気になる方は傘をお持ちください。一日を通して薄手の半袖もしくは長袖で快適に過ごしていただけます。寒いと感じることは滅多にありませんが、薄手の羽織があると便利でしょう。日本の蒸し暑さを逃れることができるのもまた醍醐味です。
 

本企画はツアーではございません。あくまで個人でご参加していただく現地集合タイプです。滞在中の出来事や施術効果につきましてはご自身の責任となり、こちらでは一切責任を負いかねます。航空チケット、海外保険などご自身で手配くださいますようお願いいたします。お申し込みの時点で本趣旨に同意されたものとみなします。皆様の旅が癒しと祝福に満ちたものとなりますよう祈り、また準備〜帰国後のサポートまで最大限のお手伝いをさせていただきます。皆様のご協力を多々お願いすることもあるかと思いますが、何卒よろしくお願いいたします。ご不明なことは遠慮なくご相談くださいませ。ご参加くださることに心から感謝いたします。みなさまの命と幸せがさらに輝きだしますように。